MetaMaskでの基本的な安全とセキュリティのためのヒント

暗号通貨やweb3は初めてですか?

MetaMask Learnで、web3を初めて使う人のために特別に設計された分かりやすい学習体験を提供しています。完全に無料で、複数の言語で利用することができ、MetaMaskに慣れるためのシミュレーションなどの便利なツールも含まれています。

Secret Recovery Phraseとは、そしてそのバックアップ方法

シードフレーズやSecret Recovery Phraseの使用は、ほとんどの暗号通貨ウォレットが採用する基準です。MetaMaskウォレットを作成する際にランダムに生成され、ウォレット内のすべてのアカウント(アドレス)にアクセスすることができます。

ウォレットを最初に作成する際、12単語のSecret Recovery Phraseを受け取ります。MetaMaskでは、個人データは一切サーバーで管理していません。すべてがブラウザ上で暗号化され、MetaMaskパスワードで保護されています。そのため、MetaMaskアカウントを紛失し、復元する必要がある場合、Secret Recovery Phraseを使用する必要があります。

シークレットリカバリーフレーズを使用してMetaMaskのウォレットを復元する場合、特定の状況下でMetaMaskのアカウントも復元されます。インポートされたアカウントがある場合、再度インポートする必要があります。 

Secret Recovery Phraseを保管しておく必要がある理由

MetaMaskは、クラウドベースのソリューションではありません。あなたののデバイスが破損、紛失、盗難にあったり、データが破損した場合、MetaMaskサポートチームが回復させる方法はありません。このSecret PhraseSecret Recovery PhraseがMetaMaskアカウントを復元する唯一の方法なのです。

Secret Recovery Phraseおよび秘密鍵を共有しない

Secret Recovery Phraseや秘密鍵を持っている人ならだれでも、資産を管理し、アカウントからトークンを送信することができます。MetaMaskチームや、私たちを代表すると主張する人を含めて、Secret Recovery Phraseや秘密鍵を決してだれとも共有しないでください。私たちは、シークレットリカバリーフレーズの提供をお願いすることは決してありません。誰かが共有するようにと言った場合は、共有しないと主張してください。MetaMaskやMetaMaskのサポートチームのメンバーであると主張する人がいる場合、シークレットリカバリーフレーズや秘密鍵を求めてきた場合は、サポートに連絡してそのことを報告してください。

アカウントに大量のトークンを所持している場合は、ハードウェアウォレットの取得を検討してください。

ハードウェアウォレットは、一般的にトークンを保管する最も安全な方法と考えられています。ハードウェアウオレットは、インターネットからほとんどの時間あるいは常時切断されているため、しばしば「コールド」ウォレットと呼ばれます。この方法では、ハードウェアウォレット自身があらゆるトランザクションに署名(承認)する必要があり、あなたの秘密鍵が、オンラインで悪意のある人物に到達することは決してありません。

安全すぎるということはありません。この基本ガイドは、すべてを網羅しているものではありません。コミュニティ、有益な資料、ディスカッションチャネルから、ご自身のトークンを守るためのより良い方法を常に学び続けてください。

あなたのコンピュータを安全に保つ方法についての追加のリソースを以下に示します:

この記事は役に立ちましたか?
19241人中17060人がこの記事が役に立ったと言っています

このセクションの記事