スタックしていたり保留中のトランザクションのアカウントのリセット

注意!

MetaMaskサポートチームのメンバーにそのように指示された場合にのみ、アカウントをリセットする必要があります。

時には、想定していた時間内にトランザクションが完了しないという状況に遭遇することがあります。これには多くの理由があります。例えば、ガス手数料を払うネイティブトークンを使い果たしたり、トラフィックが多い時間にガスリミットを低く設定した場合など、トランザクションが「古く」なってしまいます。

別の場合では、MetaMaskにソフトウェア上の問題がある場合もあり、これらの場合では、アカウントをリセットする必要があるかもしれません。

これは、保留中のトランザクションに関するMetaMask側の情報を含むトランザクション履歴を消去する機能です。これを行うことにより起こりうるアカウントへの影響を鑑み、Supportエージェントから指示を受けた場合のみアカウントのリセットを行ってください。

アカウントをリセットする方法や、いくつかの重要な考慮事項に関する簡単な実行方法については、ガイドをご覧ください

ブロックエクスプローラーでトランザクションが表示されない場合にのみアカウントのリセットを行うということにご注意ください。トランザクションを検索する方法は、ここで確認してください。

 

アカウントのリセットとウォレットのリセットの比較

これらは混同すべきではない別のプロセスです。アカウントをリセットすると、基本的にトランザクション履歴がクリアされます。ウォレットをリセットすると、MetaMaskは最初にインストールしてウォレットを作成した時の状態に戻ります。

これらの各プロセスの詳細については、該当する記事を参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
685人中122人がこの記事が役に立ったと言っています

このセクションの記事